世間に話題を生むこともある同族経営

同族経営というのは、いろんなかたちがありますが、特に社長が同族で行っていることが多いです。たとえば長男が社長を引き継ぎ、親せきが幹部を占めるような典型的な例がありますが、それが崩されるようなことがけっしてないわけではありません。

世間が驚く変化が生まれることもある

歴代先代から続いていた社長の椅子を、同族ではない他の社員に譲るということもあり得ます。たとえ同族であったとしても社長としての目を持っていれば、同族では立ち行かないと判断することもあります。

多様性を棄てるような社会では、新しい変化を感じることができません。いわば同族経営というのは多様性を棄てることでもありますので、その点に危惧をして経営方針を刷新する社長もいます。

このようなことが起きると、きまってニュースになり、世間を賑わすことになります。

「社内クーデターが起きた」など騒がれることも多いですが、その真実というのは極めてシンプルであり、変化を求めたかったという社長の方針であることも多いです。社長次第でどうにでも変わることもあるのが、同族が行う経営でもあります。

変化が起きたときの世間の大きな反応

同族経営の方針が崩れたとき、世間の反応は大きくなることが多いです。ほとんど社内クーデターが起きたと騒ぎ立てられて、デメリットが生じることが多いです。

株価が暴落することもあり、株式総会は紛糾することもあるでしょう。だたし生じるメリットもあります。世間一般的な考えとしてあるのは、同族の会社というのは良い印象を持たれていません。このようなことから、変化が生まれたと歓迎されることの方が圧倒的に多いです。

誰にでも出世できるチャンスが生まれるというのは、自由主義には必要な概念であり、その経営方針に変わったことになりますので、やはり世間の反応は良好になることがあります。どちらにしてもメリットとデメリットがあります。どちらの損益に偏るのか?経営陣の納得できる説明は必須です。

醜態を晒す話題を生むことも同族経営にはある

ただし変化を求めた経営方針に変わったとしても、その方針にほころびが生じているのであれば、ただの醜態を晒す話題になってしまうことがあります。

身内からのクーデターとして社長を降ろされ、親族が就任することも珍しいかたちではありません。いままで社長を支持してきた人たちは、当然その行為に納得ができませんので、紛糾することになるでしょう。

そのような話題がニュースになってしまうことで、業績も落ちてしまいます。

同族経営のひとつのメリットとして方針がそう変わらないことから安定性が売りでもありましたが、それが壊れる原因にもなってしまいます。変化を求めるのであれば、慎重な行動が必要になるのは言うまでもありません。