僻みから生まれることも多い同族経営の非難

同族経営と聞くだけで、悪い印象を持ってしまいがちですが、特別日本では珍しい経営方針ではありません。しかし同族と聞くだけで、自由がないような印象を抱かれる経営方針でもあります。そのような印象を抱かれる原因のひとつになっているのが僻みです。

こんな種類の僻みが印象を膨らませる

僻みと言ってもいろんな種類があります。同族経営になることから、昇進できるのは限られていることから、未来が確約されていることが多いです。そこから僻みが発生してしまいます。

大体満たされていない人たちからそのような僻みが発生することが多く、それが人々に伝播して、よく知らないまま印象操作されていることも多い経営方針です。

特別日本では珍しくない経営方針になっており、大手企業もこのような方針をとっていることも多いです。中小となるとそれは顕著に表れることがあります。

特に珍しくもなく、そして悪い経営方針とは一概に言うことができず、ほとんどの方が印象操作で悪い印象を抱いていることが多い経営方針でもあります。

自由がけっしてないわけではない

その僻みのひとつとして自由がないことが上げられます。同族経営をする会社の方針にもいろいろとありますが、そのなかでも特に経営陣はすべて同族で固められているようなケースでは自由がないでしょう。

しかし社長以外は有能な同族以外の幹部が占めている会社も多いです。このような点からみても、けっして自由がないわけではありません。

グローバル化が進んだことから、保守的な経営方針だけでは立ち行かなくなっています。同族として築き上げてきた方針を転換しなければいけないこともあるでしょう。

そのような点も柔軟に対応する会社も増えていますので、ここもけっして自由がないわけではありません。会社によって自由が溢れている同族経営もあることを知っておきましょう。

会社そのものの経営方針をチェックしよう

いわば方針というのは、会社それぞれに変わっているものです。よって同族が仕切っていることから、すべて悪いわけではないことをまず理解しましょう。

これから就職を控えている人にとっては、その経営方針というのは大きな問題になるはずです。自分の出世街道の道を閉ざされる可能性になることから、どんな経営方針を持っているのかを確認することをおすすめします。

社長は無理にしても、幹部を同族で固めていない会社も多いですので、そのようなところであれば問題なく勤めることができ、希望をかなえることもできるでしょう。

問題は会社そのものの経営方針になりますので、その点をよくチェックしておくことが大切です。ただ同族だからといって脊髄反射的に否定的になるのはもったいないです。そのような経営方針であったとしても、従業員を安定に導いている会社は数多くあります。