同族経営におけるこれからの理論や方向性を考えてみる

日本において珍しい経営方法ではないのが同族経営です。特別珍しくはなく、特に中小となればそれが当然といった地域もあるくらい、日本では当たり前の経営方針でもあります。あまりよく言われないこともありますが、メリットもありますので、理解することから始めましょう。

安定した経営基盤を築くことができる

社長を含めた幹部がすべて同族になることから、共通した理念を持っていることが多いのが特徴です。悪く言えば偏った理念ということになりますが、収益が出ているのであれば間違っていない方向性を持っていることになります。

安定した経営基盤を築くことができる

よって収益が安定しているのであれば、理念が急激に壊れることもありませんので、安定した経営基盤を築きあげることができるメリットを持っています。

しかもそのメリットは一時的なものではありません。代々引き継がれていくものですので、よほど外からの圧力がない限りは、それを引き継ぐことになります。幹部にとっても喜ばしいことになりますが、それは従業員にとっても大きなメリットになるはずです。安定している会社ほど、従業員にとっては安心できる場所でもあります。

会社によって同族経営の規模も異なる

これは従業員にとってデメリットになるケースですが、同族といってもいろんなケースがあります。

会社によって同族経営の規模も異なる

親戚で役員を歴任しているケースもありますし、ただ社長だけ同族で行っているケースなどあります。たとえば前者になると、他の従業員は役員になる見込みがほとんどなくなりますので、特に出世を希望している人は頭打ちになることが多くなります。

また役員がとても若い人がなることも。そのようなことになると年功序列というものは崩れてしまいます。日本の文化において最も重要とされていた部分が消滅しますので、社内のなかで微妙な空気を持つことになるでしょう。30代の役員に50代の社員がペコペコと頭を下げるというような光景を見掛けることになる経営方法でもあります。

従業員にとってもメリットがある経営方針

比較的同族経営というと、悪く言われることが多いです。どんなに努力をしても、結局同族の人にしか評価がされないように感じる経営方針のように感じている人も多いですが、けっしてそのような幻想ばかりではありません。

従業員にとってもメリットがある経営方針

意外に評価されて、社長まではいかないにしても、役員レベルまで上り詰める人も多くなっています。意外と夢を見ることができる経営方針でもあります。

また理念が極端に変わることがありませんので、勤めやすい職場になることも。安定している会社であれば、極端に減益と言うことも少なくなり、安定した収入を確保することができるメリットがあります。取引先や融資先なども先代から引き継いでいることから、安定こそ、この経営方針のメリットともいえるでしょう。

良いことばかりではない同族経営のデメリット

悪く言われることばかりな同族経営ですが、意外とメリットも多いことがわかったはずです。ただ当然のようにデメリットがあります。新しい空気も取り入れなければ、会社の経営は成り立ちません。

良いことばかりではない同族経営のデメリット

どこかで今までの風習を断ち切らないといけないこともあるでしょう。そんなとき経営陣が英断をすることができないこともあります。

今まで支えてきた取引先や融資先などの意向もあり、現在の流れを取り入れることができないことで、乗り遅れてしまうこともよくある話です。絆が深いからこそ、新しいものに飛びつくことができない点がデメリットになると言えるでしょう。そう簡単にスムーズな変革が進まない欠点を持っています。

The recommendation site
電話占いウィルの口コミ評判
人気の電話占いwillを利用したお客様と鑑定士とのやり取りを記録した録音ボイスも掲載されております!

同族経営を悪く言われるのかどうかは会社次第

メリットもありデメリットも存在していることがわかったはずですが、結局のところ悪く言われるのは会社の風習次第と言えます。実力主義を前提に同族で行うのであれば、働く社員も納得することができますが、まったく会社に貢献をせずに役員報酬だけもらっているような経営をしている会社もたくさんあります。

そのような経営をしていれば、いずれ従業員からも愛想を尽かされることになるでしょう。そのような点を従業員はとても見ています。どんなに同族で隠そうとしても、明るみになってしまうものです。同族だからこそ社員の模範となるような働きぶりをしていれば、問題のない経営をすることができるでしょう。経営陣こそ模範を示すべきです。